(topへ
【本書の特色・内容】

  臨床家の権威とは何か。その権威は臨床活動にとってプラスかマイナスか、またどのように影響するか

 心理臨床家における、古くて新しい基本的課題の“権威”。
  この難解で複雑な権威の諸問題を解明した世界で唯一の体系的・包括的な大著
   “Authority in social casework (Foren and Bailey,Pergamon Press)”
  の邦訳。
初訳刊行は1982年『ケースワークと権威』「学苑社」。本書は改訂全訳版

 
およそ“関係性”に基づいて人に援助を行い“プロフェッショナル”な心理臨床家たらんと欲する人(とりわけ、教師・カウンセラー・ケースワーカー)には必読の名著。

「ある意味では、処遇には順序,段階があるとも言える。……初め保護的な親であり、次に教師になり、最後に臨床家となって、クライエントの自己理解を援助することになる。」
本文中より
 
このすべての段階で、“権威”は基本的命題である。

→参照サイト


A5版 309頁: 定価 2000円 送料:無料
ご注文
*「アマゾン」または「Base」でもお申し込みできます。クレジットカードが使えます。
*新規ご購入者でご希望ある方には、『教師の権威と指導力』を1部、贈呈致します。遠慮なく,お申し込み下さい。

 アマゾン」「stores」などでのご購入の場合にも、ご連絡下されば、贈呈致します。
*書店様・図書館関係からのご注文は、別途申し受けます