1 私は何故書き始めたのか

  私の文学事始
  第二次文学事始
  文学的動機としての怒り、恨み、怨念
  『奇縁まんだら』

2 私の怒りと怨念

3 人は何故書くのか

  大野英子と千栄子の詩
  第二芸術論と高浜虚子

 【出典:『琅』No.22 2009年8月】

本稿は『二言、三言、世迷い言』(書肆彩光
アマゾン)に収められました。興味のある方
は、ご覧ください)